« 犬の病気ー前庭疾患 | トップページ | つるバラの剪定とミモザ »

2010年1月20日 (水)

湯葉と豆腐の店 『梅の花』に行きました

Scimg1770

湯葉と豆腐の店『梅の花』

埼玉県 川越店 

Scimg1775

とても落ち着いた雰囲気です

≪賀茂川ランチ≫をいただきましたhappy01

Scimg1776

小鉢二種

Scimg1778

選択料理(湯豆腐 又は 特選冷豆腐)

画像は湯豆腐

Scimg1780

茶碗蒸し

季節のお造り(鯛)

生麩田楽

Scimg1782

汁物・飯物・香の物

選択料理(手作りふわふわ豆腐ハンバーグ

又は 魚の西京焼き 又は 肉豆腐)

画像は手作りふわふわ豆腐ハンバーグ

Scimg1785

季節のデザート(黒豆わらび餅 又は 金柑アイス)

画像は金柑アイス

今日1月20日は夫の誕生日でしたbirthday

義母が「二人で食事に行ってらっしゃい」と

お小遣いをくれました~happy01

ブログで仲良くしていただいている

chocoママさんが以前紹介してくださり

気になっていた≪梅の花≫shine

全国に60店舗もある中で

一番近い川越店(車で30~40分)に行ってきました

創作懐石料理ということで

一品一品がとても綺麗に盛り付けられ

またお味もとても美味しかったですdelicious

chocoママさん ありがとうございましたhappy01

また素敵なお店を紹介してくださいねwink

|

« 犬の病気ー前庭疾患 | トップページ | つるバラの剪定とミモザ »

おでかけ」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~(^^♪
ご主人様お誕生日おめでとうございますbirthday
お風邪も良くなられたご様子で良かったですねhappy01
仲良くお誕生日のお祝いが出来本当に良かったですよね!
『梅の花』にいかれたんですね~
川越店も所沢店と同じ感じのお店なのね~
なかなか良い感じのお店ですよねheart04
お料理も美味しいですよねdelicious
私のお気に入りは生麩田楽heart
美味しかった~!(^^)!
私の食べた手桶の膳は手桶の中の器 一つ一つが可愛くって~ 
手に取ってeye思わず見てしまいましたよcoldsweats01
来週はここでママ友達と新年会ですheart04
kayoさんの食べた鴨川の膳も美味しそうね~
何を食べようかな~heart04

投稿: chocoママ | 2010年1月20日 (水) 22時58分

素敵なお店ね、是非行ってみたいです。
身体に優しい、お料理で女性にはいいですね。
検索してみます。

投稿: あーき | 2010年1月21日 (木) 08時28分

chocoママさん、こんにちわdog
素敵なお店を紹介してくださってありがとうございましたheart04
夫へのお祝いのお言葉もありがとうございます~
風邪はだいぶ良くなってきたのですが、腰痛がひどく
つらいようですよ。若い頃はマラソンをしていましたが
今は走れないようです。でも職場の陸上部には所属していて
飲み会だけは行っていますbearing

梅の花川越店は一昨年の12月にオープンされたそうです。
所沢は昨年とか・・・まだ新しいのですね。
生麩田楽、うん、おいしかった~delicious

投稿: kayo | 2010年1月21日 (木) 10時19分

あーきさん、こんにちわ~happy01
良い雰囲気のお店でした。
日によっては予約しないとお席がないようです。
ちょっとお値段が高めですが、時々は良いかと思いますlovely

投稿: kayo | 2010年1月21日 (木) 10時23分

こんにちは。おこずかいくださるなんて、なんて素敵なお母さんheart04「梅の花」て静かでゆっくり出来そうね。二人の様子が目に浮かぶようですhappy01生麩田楽なんてどんなお味かしらdelicious機会があったら行ってみようかな。

投稿: kaka | 2010年1月22日 (金) 11時18分

kakaさん、こんばんわ~
静かな素敵なお店でしたよ。
あちら方面は詳しいのですよねheart
生麩田楽はとてもおいしかったです。
ヘルシーだし。一緒に行きましょheart04

投稿: kayo | 2010年1月22日 (金) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540814/47347294

この記事へのトラックバック一覧です: 湯葉と豆腐の店 『梅の花』に行きました:

« 犬の病気ー前庭疾患 | トップページ | つるバラの剪定とミモザ »