« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

2012年 まとめ

2012年は

私にとっていろいろなことがあり

複雑な気持ちで幕を閉じますconfident

4匹の犬と暮らしていましたが

7月にナナとくーの2匹が続けて天国へと旅立ちました

高齢という事もありましたが もっといろいろとしてあげたかったと

悔んでいます

2匹の事を思うと 今だに涙がこぼれます

そんな中 他の2匹の間のあかちゃんが6匹産まれました

良いご縁があり4匹が新しいご家族のところへdog

どのコもしあわせに暮らしています

一昨日 猫のももが永眠しました

14才10か月でした

ここ5.6年は具合が悪く それでも一生懸命生きていました

亡くなる日のご飯もきちんと食べて旅立ちました

体は痩せてしまいましたが

とてもおだやかなきれいな顔でした

犬や猫と一緒に暮らすということは

いつか必ず別れがきます

その覚悟はしてきたつもりだけれど

やはりその時になるとつらいです

まとまらない最後になってしまいました

この1年私のブログに来てくださってありがとうございました

あまり更新できないかもしれませんが

また来年もよろしくお願いいたします

皆様 どうぞ良いお年をheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

まることさぶのあかちゃん10

12月24日 生後76日dog

Simg_2408

ちょうど60日目に 動物病院へワクチン接種に行きました

6匹一緒にsweat01

Simg_2406_4
チビワン第1子より順番に接種bearing

嫌がって泣いたりするかと思っていたけれど

全員おとなしく済みましたhappy01

Simg_2644_2

そして
この4匹が新しいご家族のところへ嫁ぎました

記念に ミニアルバムを作りましたconfident

画像は表紙です

Simg_2552

具合が悪くなり何度か病院へ通った第1子と目が少し悪い

第6子は心配なので家にいます

ちびまるこちゃんとちびさぶこちゃんですsweat01

4匹のちびワンたち

どのコも良い家に行くことができ

安心しています

ありがとうございました

ナナとくーが続けて天国へ旅立った直後に

まるこの妊娠 出産 育児と あわただしい日々を

過ごしてきました

ナナとくーが私が悲しまないようにと

与えてくれた時間だと思っています

でも

ナナとくーの事を忘れた日は1日も

ありませんでした

家に残した2匹のおんなのコ

ナナとくーの生まれ変わりと思って

大切に育てようと思っています


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

ちび猫王子の朝

sun

Simg_2219
まだおやすみ中のちびsleepy

Simg_2312
起きたようですhappy02

わが家の猫たちは

リビングでそれぞれお気に入りの場所で寝ています

ちびは1か月ほど前からkayoと一緒の部屋です

10月の終わりにまた痙攣発作を起こしました

前回から1年ぶりです

もう 大丈夫と安心していたのですが・・・・

しばらく様子をみるために一緒に寝ていますthink

Simg_2279

おはようにゃんcat

ごはんくださいfish

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

まることさぶのあかちゃん9

12月7日 生後59日dog

早いもので

6チビワンが産まれて 明日で2か月になります

寝ている時間も以前に比べると少なくなり

家の中を走り回っていますhappy02

彼らの1日は

起きる

食べる

遊ぶ

寝る

の繰り返しです

うらやましい限りですbleah

(チビワンの世話係の私も同じような1日ですがsweat01)

Sdsc02748
第1子 1160グラムheart04

Sdsc02752_3
第2子 1620グラムheart04

Sdsc02754_4
第3子 1035グラムheart04

Sdsc02759_3
第4子 1210グラムheart04

Sdsc02761_2

第5子1145グラムheart04

Sdsc02762_2
第6子 1114グラムheart04

全員が1000グラムを超えました

第2子の通称ジャイアン君は

トイ・プードルというよりもゴールデンみたいで

カッコイイlovelyです

まるこに1番似ています

そろそろ手放す時期になりました

あと1~2週間くらいですconfident

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »