音楽

2010年12月 8日 (水)

ミュージカル  『モーツァルト!』

35年の生涯を駆け抜けた 

『音楽の天才』モーツァルトの生涯!!

013_2

≪あらすじ》

幼い頃に『神童』と呼ばれたヴォルフガンク・モーツアルトは

成長するにつれて 本当の自分と 周りのイメージとの差に

戸惑いを感じ始める。

過大な期待を抱く父親のレオポルトや姉ナンネールたち

モーツァルトの才能の独占を図るザルツブルグの領主で

あるコロレド大司教。愛する家族を想いながらも ヴァルトシュ

テッテン男爵夫人の援助を得たヴォルフガンクは すべての

束縛を絶つために 故郷ザルツブルクを飛び出す。

音楽の都・ウィーンでの成功 ありのままの自分を受け入れてくれる

コンスタンツェとの愛を育み すべてを手にしたかに見えたが

ヴォルフガンクの人並外れた行動は 愛する人たちから理解されず

逆に心が遠ざかる結果となる・・・・

友人に誘われて

東京帝国劇場に行ってきましたnote

このミュージカルを観るのは初めてでした

モーツァルトの名前は知っていましたが 彼の生涯など

知っているはずはなくcoldsweats01 

最初ちょっととまどいましたが

後半には何となくわかってきて 楽し見終える事ができました

あらすじがわかったのでもう一度観てみたいと思っていますconfident

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

うめぼしのうた 元気体操

004

 うめぼしのうた キャラクター うめサブロー様heart02

008

司会者様よりご紹介   『テレルナーsweat01

020

一緒に元気体操

26日・27日とエルミ鴻巣で『介護フェスタ.』というイベントが

開催され その中に

高齢者施設などで簡単な体操として使用されている

『うめぼしのうた』の紹介がありキャラクターの

うめサブロー様と一緒に元気体操をというプログラムがありましたhappy01

左後でキーボードを弾きながら 唄っておられるのが

この歌(CD・DVD発売されています)を

作曲し 唄われている宮川博之氏で

音楽療法士・認知症ケア専門士そして

シンガーソングライターをされていますnote

彼は私の高校時代の先輩です

当時から バンドを組んだりしてとても人気があり輝いておられましたheart04

学年が違ったため ほとんど話はしたことありませんでしたが

親友と一緒に隠れファンしていましたcoldsweats01

今回 お目にかかって あらためて素晴らしい人だと感動しましたlovely

母校の誇りですね~shine

癒し系のお声で唄れている

うめぼしのうた

みなさまもお聴きください

手と足も動かしてみてねwink

*こちらのアニメは株式会社フラワーコミュニティ放送が制作されています

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

さだまさしコンサートツアー2010『予感』

さだまさしコンサートツアー2010『予感』が

今月スタートしましたlovely

私は26日の「さいたま市文化センター」がお初note

行ってきましたheart04

Sada

今回のツアーは アコースティックなサウンドです

編成も マリンバ  ピアノ  チェロ  フルート

コントラバスというクラシカルな編成

前回までのコンサートとは少し違っていました

バックのメンバーも替わっていました

チェロとフルートの音色の美しい事・・・

聴き惚れましたnote

北原白秋がお好きというさだ様

薔薇ノ木ニ
薔薇ノ花咲ク
ナニゴトノ不思議ナケレ

薔薇の木に薔薇の花が咲くのは 当たり前のこと

と言う意味だそうですが

薔薇の花が咲くのは 実に驚嘆することでは

ないか

この神秘はどこから来る この驚きを驚きとする

心から宗教も哲学 詩歌 自然科学も生まれて

来るのではないかと解説されていました

ちょっとむずかし~sweat01

他にも

老いると言う事は決して恥ずかしいことではない

今まで元気に頑張ってきたのだから

と言われていました

仕事で高齢の方と接しているせいか

この言葉がとても心に染みましたconfident

2カ月ぶりのコンサートでした

相変わらず

トークの時間が長いhappy02

それも 今回はとても早口

もっとゆっくり話してください

思いながらも

楽しい時間を過ごす事ができましたhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

さだまさしアコースティックコンサート

Ss007_2

先週末

大好きな さだまさしさんのコンサートに

行ってきましたnote

さださんのアコギにバイオリン そして ピアニストの

倉田信雄さんが演奏する楽器数種類だけのコンサート

でしたconfident

いつもはバックに数名おられるので

舞台がとても静かに そして広く感じられました

座席が2列目だったのでhappy02

とても良く見えましたheart01

時々 目があったりして・・・(そんな気がしただけsweat01)

開演 18時05分

終演 20時55分

と 約3時間楽しい時間を過ごしてきました

相変わらずトークが長く爆笑する内容も多かったです

爆笑の中にも心温まるものもあり

『挨拶は会話の始まり』と言う話が心に残っていますshine

S005

さださまの愛車car

この会場では4回目でしたが

いつも同じ場所に停めてあります

コンサートの回数が以前に比べて少なくなったのと

私も遠くまで行かなくなったので(体力が・・・coldsweats01)

今度はいつ聴きに行けるかしら

などと思いながら 会場を後にしましたが

とてもしあわせな夜でしたheart02

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

小椋佳コンサート

Scimg2540

小椋佳のコンサートに行ってきましたnote

今年66歳になられたという小椋さん

相変わらずの優しいお声で素晴らしい曲

トークも静かに けれど笑いを入れながら

楽しませてくださいましたhappy01

布施明『シクラメンのかほり』

梅沢登美男『夢芝居』

美空ひばり『愛燦燦』

研 ナオコ『泣かせて』

などの名曲は 

どちらかと言うと静かでせつない曲が

多いですねconfident

彼のコンサートには今まで数回行っていますが

今回も

穏やかに過ごすことができました

慌しくバタバタ過ごしている日々の中で

こんな時間も必要なのではと思っていますheart04 

| | コメント (6) | トラックバック (0)